まったり御朱印旅ブログ

御朱印をいただくついでに、うまいもん食べたり、温泉つかったり、写真撮ったり、いやげ探したりしております。

【房総】海を求めて、館山へ

なんかちょっと疲れてきていたので、発作的に海がみたくなりました。
金曜日に思いたち、土曜日に予約を入れ、振替休日を利用して日・月で行ってきました。

1. 高蔵寺

館山までの道中、内房線の木更津で途中下車。脳内で、One Night Carnivalが鳴り響きます。
木更津といえば、氣志團。氣志團って、漢字一発変換できるのね。

駅から一応バスもあるのですが、時間が合わなかったのでタクっちゃいました。20分くらいでしたか。

IMG_5669

おぉ、なかなかりっぱなお堂です。

IMG_5671

お寺の鐘って、うまく鳴らすの難しかったりするんですが、こちらのは良い音がしました。
ご挨拶が終わって、境内を散策。

あ、かわらけ投げがある。

IMG_5673

何々・・・「諸悪根絶の霊石 該当する悪をめがけてかわらけを投げて下さい。」
どれどれ、どんな悪があるのかな・・・

IMG_5675

諸悪の筆頭、それかーーーい。

IMG_5732

これで坂東三十三観音、十個目。

IMG_5683

お次はしょじょ寺。♪しょしょしょじょ寺、しょじょ寺の庭は、つ、つ月夜に~のアレです。
今気がつきましたけど、猩々寺ってことなのか。

ちなみに、お寺にあった看板によると、お寺の庭で腹鼓を打って楽しく踊っていたたぬきは、叩きすぎて、お腹を叩き破って、藪の中で死んでいたそうです。。。いやいやいやいや、とんだホラーでした。

IMG_5682

だそうです。

IMG_5681

ほどほどにしときたまえよ。

2. 八剱八幡神社

しょうじょう寺から、木更津駅まで戻る道中にあったのでふらっと、寄ってみました。

IMG_5685

なんでも日本武尊東征の折り、浦賀沖で暴風雨にあったときに妻橘姫が、神の怒りを静めようとして入水し、無事日本武尊は陸にたどり着きました。尊は、姫の死を悼んで、しばらくこの神社に滞在し、この地を去ることをなさらなかったので、「君去らず」→「木更津」になった、と。大変由緒正しいりっぱな神社です。

IMG_5690IMG_5692

由緒正しいと思いきや、現代にもバッチリアジャストされております。

さて、お宿は、鳩山荘 松庵に泊まりました。部屋が海に面していて、波の音を聞きながら眠りにつけるのがすごくよかったです。なお、鳩山邦夫氏の「友愛」の額がロビーに飾られておりました。笑

3. 洲崎神社

翌日はあいにくの雨でしたが、めげずに目的その2一の宮へ。

IMG_5696

おぉ、拝殿まで結構あるがな。。。

IMG_5697

神様の見てらっしゃる風景はこちら。海を臨むのはいいなぁ。

IMG_5698

神主様は常駐していらっしゃらなくて、大判一の宮御朱印帳サイズと普通サイズの書き置きがあります。
フォントがオリジナリティあふれていて、お気に入りの一品です。

IMG_5733

4.安房神社

IMG_5703

こちらは平地にあります。御祭神の天太玉命は、積極性を身につけたり、組織のリーダーとしての資質も授けられるそうです。おぉ、なんか色んな人にお薦めしたくなる感じ。

摂社の厳島社が岩の中にお社があって、面白かったです。

IMG_5704

産業の神様だからでしょうか、匠の曲玉がよいです。

IMG_5735

うーん、リフレッシュした~~。

IMG_5677

【六本木】ぐるっと、港七福神巡り

今年の七福神巡り、三つ目は港七福神巡りです。

特徴は宝船で八つなこと。距離も長めです。他二つと異なり、お散歩中の長めもなんだか都会的で、リッチなかんじ。インターナショナルスクールがにょきにょきあったりとか。回っている方の客層も、若かったですかね。女性の二人連れやカップルが多い印象でした。

ぐるっと回るルートなので、宝珠院(大江戸線赤羽橋駅、三田線芝公園駅)、熊野神社(日比谷線神谷町駅)、十番稲荷神社(大江戸線・南北線、麻布十番駅)、櫻田神社(日比谷線、大江戸線六本木駅)、天祖神社(千代田線乃木坂駅)色んなところから始められます。私は、六本木駅からはじめました。

1.櫻田神社(寿老人)

IMG_5605

大使館など立派な建物の間にひっそりとたたずむお社でした。

IMG_5607IMG_5608

狛犬がスティッチみたい。かわいい。

2.氷川神社(毘沙門天)

IMG_5612

元麻布ヒルズを背負った不思議な風景。都会の神社ですね。

3.大法寺(大黒天)

IMG_5615

こちらでは、お茶が振る舞われておりまして、一休みできます。

IMG_5661

のびのびとした御朱印です。

4.十番稲荷神社

十番稲荷神社までの道中、ドーンッッとビルから鉄骨が落ちたようなすごい音がする。なんだなんだと思っていたら

IMG_5619

和太鼓のパフォーマンスでした。肩出してるよ・・・寒いのにご苦労様です。。。

IMG_5621

噂の宝船はこちら。

IMG_5657IMG_5622

かえるのお守りも有名なので、かえるの像があります。お正月なので、おめかしさせてもらっているのだと思いますが

IMG_5627

・・・ベトコン?

IMG_5626

十番稲荷神社の目の前にあるのがまーすやーという塩屋さん。
みたことのない塩が沢山売っています。ちょこちょこ味見をしながら選ぶのが、楽しい。

5. 宝珠院

IMG_5631

もっさりとした緑の中のお社に弁財天様はいらっしゃいます。今回の中ではこちらが一番場所として好きかも。

IMG_5667IMG_5634

こちらには、閻魔大王もいらっしゃいます。髭が・・・パイレーツ・オブ・カリビアンに出てこなかった?笑

6. 熊野神社

熊野神社へは東京タワーを経由して。

IMG_5641

少し手を合わせたくなりますよね。

IMG_5646

ビルの狭間の小さな神社。

7. 九国神社

IMG_5651

民家と併設しております。結構建物の古び具合とかかなり良い感じでした。

8. 天祖神社

表参道ヒルズのお向かいの脇道にあります。

IMG_5654

建て直し中でした。

IMG_5655

今回の成果!

【深川】うねうね、深川七福神巡り

うちの会社って、毎年1月4日は午前中半ドンなんですよね。なんやかんやで例年、午後もずるっと働いてしまっていたのですが、今年は有効活用しよう!ということで、深川七福神巡りに行きました。

隅田川七福神よりも、江戸の下町っぽさが残っていて、見所・お休み処が多いですかね。御朱印的には寿老人が圧巻でした。

門前仲町の駅をを出たとたん、屋台がいっぱい。ソースの香りが漂います。

1.富岡八幡宮(恵比寿様)

IMG_5548IMG_5549

大変な賑わいです。今度はもうちょっと空いているときにゆっくり境内散策したくなりました。
本殿にさくっとご挨拶をして、早速恵比寿様のところへ。

IMG_5552

七福神効果でしょうか。恵比寿様圧倒的大人気でした。

2.冬木弁財天

BlogPaint

こちらは本堂に上がっていただきます。

IMG_5603

弁財天→福禄寿の間の深川えんま堂にちょっと寄り道。

IMG_5556

ちょっと面白いのが、お賽銭を入れると閻魔様の訓示をいただけるこのシステム。

IMG_5559IMG_5558

手前のカップみたいなところがお金をいれるところ。願い事も「家内安全」「商売繁昌」「合格成就」「縁むすび」などオーソドックスなものから、「ガン封じ」「浮気封じ」「いじめ除け」「怨敵退散」など、かなりバラエティに富んでおります。怨敵退散・・・閻魔様だもんね。効きそう。笑

3. 心行寺(福禄寿様)

IMG_5563

ちいさなお堂に福禄寿様が奉られています。その脇になんだかお茶目な人も。

IMG_5564IMG_5600

手に持つ宝珠に触れると円満な人格がついてくるそうです。ぐりぐり触りましたよ。今年はもうちょっと穏やかに言いたいこと言うようにしたい。。。

4.円珠院(大黒天様)

IMG_5567

いいお顔の大黒天様がいらっしゃいます。

IMG_5568

5.龍光院(毘沙門天)

IMG_5577

立派な毘沙門天様がいらっしゃいましたよ。

毘沙門天→布袋尊の道中で、おいしそうな佃煮屋さんを発見。

BlogPaint

あとは、結構相撲部屋があったりとか。イケメン力士といえば、この人だったなぁ。

IMG_5580

6.深川稲荷神社

IMG_5581

結構時間が差し迫ってきて、だいぶ焦る・・・

7. 深川神明宮

IMG_5585IMG_5582

ギリギリセーフ。本殿の脇に掛け軸もあって、華やかです。

IMG_5593

こちらの御朱印アート度高い!佛山寺クラスだと思います。

IMG_5571

色紙でいただくと、色紙が1000円、朱印が100円。既に文字は印刷されていて、判子だけ押してもらいます。寿老人様の御朱印は御朱印帳でいただくと、このアート御朱印になるみたいね。御朱印は相場の300円です。

IMG_5591

今回のお土産は、佃煮と七福神の土鈴でした。ドレイと読むらしい。一瞬なんのことかと思いました。土鈴を飾る福笹も1000円で売っておるのですが、ちょっとぴらぴらしているので、パス。

IMG_5587

今年は、14福神でこぎ出していきたい思います。

IMG_5589

【墨東・向島】まっすぐ、隅田川七福神巡り

ちょうど港七福神巡りで有名な十番稲荷神社の御朱印帳から始まるので、今年の御朱印初めは、七福神巡りにしようと思っていました。

IMG_2806

都心だけでもいろいろとある中、どこにしようかなーと悩んだあげく、今年一発目は隅田川七福神にしました。
こちらは七草(1/1~1/7)までしかやっていないのが最大の理由。

結論としては、寺社的にも街的にもそんなに見所が多いわけではないものの、収集可能な御朱印的にはアート度が高いことと、見所を補う試み(?)に出会うなど、なかなかよかったです。満足。

さて、今回のスタート地点は浅草駅。12時半くらい。どうみてもアレのあるところです。

IMG_5446

躍進するアサヒビールの心ですよ。いやだなぁ、もう。
毎回コレに眼を奪われていて、全く気づかなかったのですが・・・

IMG_5448

隣のビル、ビールの形してるのね。吾妻橋を渡る力車のお兄さんのガイドトークを側聞して知りました。
内部に入っているホールが閉鎖されるそうですが、皆に愛されているアレは残るそうです。よかったよかった。

さて、もうちょっと歩いて到着。アレっっ・・・

1. 三囲神社(大国天様、恵比寿様)

えらい混んでる・・・!

IMG_5455IMG_5460

「うっ」と思いつつ、並ぶことに。

IMG_5461

並んでいる間、狛犬ならぬ狛ライオンを発見。

三囲神社は、滋賀の三井寺の僧が社を改築した際に、狐に乗った老翁の像を発見、どこからともなく白狐がやってきてその像の周りを三度回って消えたことから、以降三囲神社と呼ぶようになったそうです。もともと三越のもととなった呉服商越後屋を営んでいた三井家がその何あやかって守護神としたのが、三囲神社と三越の関係の由来だそうで。このライオンは、三越池袋店から移されたものだそうです。世の中には狛犬だけでなく、狛うさぎだけでなく、狛ライオンまでいるのねぇ。守りは鉄壁です。

15~20分くらい待って神社にご挨拶をして、その後御朱印待ちでさらに10分くらい。

2. 弘福寺(布袋様)

IMG_5470IMG_5465

かなり賑わっておるので、先に御朱印帳預けてお参りすべきと学んだため、先に写真右の右側の白いテントに御朱印帳を預けてお参りへ。

後ろで待っているご夫婦が「ほら、今井美樹の旦那だよ」などと言っておられました。

IMG_5469

・・・・・・・・・あ、布袋か。きっと日本中の布袋様がこのネタを聞いていることでしょう。笑

IMG_5532

下側の丸が布袋様のおなかをイメージしとるのでしょうか。なかなかナイス。

3. 長命寺(弁財天様)

IMG_5471

普段は幼稚園みたいですね。

4. 向島百花園(福禄寿様)

さて、隅田川七福神発祥の地です。
IMG_5474IMG_5473

江戸時代に、向島百花園にたむろしていた文人墨客が七福神を作ろうと話していて、三囲神社が大黒天と恵比寿様、長命寺に布袋様がいて・・・あれ、寿老人だけないとなったときに、白髭神社でええやん白い髭だし!となって、めでたく決まったのだそうです。このいいかげんさ、あたしゃ好きですよ。

IMG_5529

発祥の地の御朱印はこちら。さすがボスだけあって、デザイン性が高いです!

向島百花園→白髭神社の道中で見つけました。

IMG_5475

解体途中の銭湯ですね。こんなところ、消えゆく下町の風景と時代を感じたり。

5. 白髭神社

IMG_5476

神社のほうが二礼二拍手一礼だから、時間がかかるのかな-。

IMG_5536

こちらもデザイン重視。なんかちょっとプロ野球選手のサインみたい。
右上の白髭神社の押し印もオサレな感じ。

6. 多聞寺

ラストの多聞寺。うん、いかにも毘沙門天をお奉りしている名前だ。

IMG_5482IMG_5488

茅葺きの寺門がシブいです。

IMG_5484

六地蔵様がお出迎え。幼稚園の頃お遊戯会で笠地蔵をやって(今考えると渋いチョイスだ)、最初はちゃんと笠をかぶせてもらえるお地蔵様役だったのですが、なかなか正しいタイミングで舞台に出られるお地蔵さんがおらず、次々に役交代になった結果、ついに端の笠をかぶせてもらえないお地蔵様役になったことを思い出します。ある意味主役。以来、六地蔵様にはなぜかシンパシーを感じてしまうのですが・・・

IMG_5486

ただ、ここのお地蔵様はよく見ると首から上が新しい。ガクガクプルプル(((( ;゚д゚)))

IMG_5535

やっぱりこちらの御朱印もデザイン良好。

良い御朱印を頂き、ホクホクとお寺をでようとしたときに、なんか御神輿のような威勢のよい声が聞こえてきました。なんだろう・・・

IMG_5504

梯子乗りのパフォーマンスでした!テレビではみたことあったのですが、ライブで見るのは初めて。

IMG_5498

これ、よく見ると下の支えている人たちが大事だ。梯子を立てたのちあっという間に、あれよあれよという間に先に鎌みたいなのがついた棒のような道具で土台を組んで、しっかりと支えておられました。

IMG_5487

隅田川七福神は、色紙でいただくと色紙が300円、御朱印は一つ500円。

IMG_5545

御朱印帳でいただくと、御朱印一つ300円。・・・なぜだろう。笑
たまにあります。御朱印の価格設定がよくわからないことが。

IMG_5510IMG_5518

今回のぐっときたみやげたちはコチラ。巡っていただいた、七福神人形(各500円)と宝船(1000円)、弘福寺の咳止め飴、向島百花園の宝船の絵、多聞寺の豆たぬきでした。この咳止め飴、結構効く気がします。

IMG_5521

今年もいっぱい遊びに来てな~~。

Ingress御朱印巡り

Ingressから御朱印を始めるは結構いるようですが、御朱印からIngressを始める人はどれくらいいるんだろうか。目黒編から、Ingressとともに巡ってみました。

ingress-community[1]

Ingressとは、こちらみてください。要は、現実に存在するモニュメントにGoogle Map上でポータルが割り当てられていて、これらを二つの陣営に分かれたプレイヤーたちが取ったり取られたりする・・・そんなゲームです。寺社はポータルに設定されることが多いので、Ingressのついでに御朱印をもらおうというという発想がでてくるようですな。目黒編でいうと、松雲羅漢さんも、目黒不動の仁王門もポータルです。

IMG_1375IMG_5357

実際一緒に巡ってみた感想は・・・意外と便利かも。

目黒不動は不動前の駅から徒歩12分くらいあるのですが、ゲーム内のミッションで不動前から途中のポータルを訪れながら、目黒不動まで案内してくれるミッションがあったりします。目黒不動尊内でもいろいろと見所をポータルにしているミッションがあったりとか。これは、お参りしながら、ミッションやりながら、写真撮りながら・・・だったので、だいぶ忙しかったですが。

Ingressは人間の心身に影響を及ぼす「啓発的な」物質、エキゾチック・マター(XM)がストーリーの鍵になるのですが、ポータルはXMが密集している場所なんだそうです。

・・・ん?ポータル=寺社ということは、XM=御朱印!?
たしかに、啓発的ではある、うん。

IMG_3787

皆様、リアルハック=お参りしてからいただきましょうねー。
プロフィール

memehome

30すぎて国内旅行の奥深さに開眼しました。
寺社、御朱印、仏像、うまいもん、温泉、いやげものが好きです。
尊敬する人は、みうらじゅん、土門拳、空海、円空です。

ブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
ギャラリー
  • 【房総】海を求めて、館山へ
  • 【房総】海を求めて、館山へ
  • 【房総】海を求めて、館山へ
  • 【房総】海を求めて、館山へ
  • 【房総】海を求めて、館山へ
  • 【房総】海を求めて、館山へ
  • 【房総】海を求めて、館山へ
  • 【房総】海を求めて、館山へ
  • 【房総】海を求めて、館山へ
  • 【房総】海を求めて、館山へ
  • 【房総】海を求めて、館山へ
  • 【房総】海を求めて、館山へ
  • 【房総】海を求めて、館山へ
  • 【房総】海を求めて、館山へ
  • 【房総】海を求めて、館山へ
  • 【房総】海を求めて、館山へ
記事検索
ブログランキング
人気ブログランキング
ブログラム
スポンサーリンク